未分類

現役戦士が熱く語る、オナ禁のメリット【肉体編】

こんにちは。

 

今回のテーマは、オナ禁。そうです、オナ禁です。初っ端から言いますが、これ、なかなか凄いんです。

 

どう凄いのかは、これからみっちりと語りますが、結論から言うと、数え切れないほどのメリットがあるんですよね。

 

ということで、今回はこのオナ禁のメリットについて解説していきたいと思います。

 

なお今回の記事は、以下のような人には絶対に有意義なものになると思うので、ぜひとも読んでもらいたいところです。

・なかなかやる気が出ない人

・やる気はあるんだけどカラダが思うように動かない人

・もっと人生を楽にしたい人

・自分に自信を持てるようになりたい人

・自分の能力をさらに高めたい人/仕事でレベルアップしたい人

 

それではいってみましょう。

 

 

オナ禁のメリットとは

まずは、オナ禁界隈ではすでに周知の事実となっている、数々の有名なメリットをご紹介します。

 

 

オナ禁の代表的なメリット

・頭の回転が早くなる/頭が良くなる

・やる気の増大

・勘が冴える

・精神的にタフになる

・コミュニケーション能力が上がる

・睡眠の質が上がって、寝起きが良くなる

・相対的に時間が増える

・肌が綺麗になる

・フェロモンが出る/体臭が少なくなる

・髪質がサラサラになる/薄毛が治る

・自分に自信が持てるようになり、無敵状態になる

・フェロモンが出て、女性にモテるようになる

 

 

ざっと挙げただけでも、このようなメリットが報告されています。

 

もっと知りたい人は、「オナ禁 メリット」「オナ禁 効果」でググってみるとよいかと。

 

そして、さらに詳しく知りたい人むけに、私自身の体験談を交えながら、詳しく説明していきたいと思います。

 

 

私のオナ禁の実績

おぬし、禁欲をやっておるのか?

 

そうです。現役のオナ禁戦士です。簡単に経歴を書いておきますね。

 

私がオナ禁を知ったのは8年ほど前。あるWEBサイトのオナ禁の記事を読んだのがきっかけでした。

 

そこからオナ禁を始めて、ひたすらに一進一退を繰り返してきましたが、結果的には完全なオナ禁とは程遠い状態。

 

それでも、おかげで今日までの7〜8年間は、マスターベーションの頻度が少なくなり、平均して週一程度をキープできていました。

 

そしてさらに去年から、一念発起して長期オナ禁にチャレンジしています。長期オナ禁とは、文字通り、長いスパンでオナ禁を継続させることです。

 

というわけで、参考に、現在私がどれだけの期間オナ禁をつづけているのかにも、少し触れておきます。継続日数は、以下のとおりです。

 

 

105日 (2019.12.20〜2020.04.04)

  76日 (2020.06.04〜2020.08.12現在)  

 

 

見てのとおり105日目で一度挫折してはいますが、再度誓いを立てて、現在は2度目のオナ禁真っ最中といったところです。

 

 

私が実感した、オナ禁のスーパーメリットの数々

少し前置きが長くなってしまいましたが、ここから、肝心のオナ禁のメリットについて語っていきたいと思います。

 

ちなみに、ここで語るメリットについては、特に最近の長期オナ禁でより強く実感しています。

 

それから、オナ禁には様々な要素にかかわるメリットがありますが、分かりやすいように精神面と肉体面に分けています。

 

なお、オナ禁のメリット【精神編】はこちら。

現役戦士が熱く語る、オナ禁のメリット【精神編】

こんにちは。   今回のテーマは、オナ禁。そうです、オナ禁です。初っ端から言いますが、これ、なかなか凄いんです。   どう凄いのかは、これからみっちりと語りますが、結論から言うと、 ...

続きを見る

 

 

オナ禁のスーパーメリット【肉体編】

1.目つきが変わった/二重まぶたに

肉体的な変化として、はじめにこの変化を紹介するのには理由があります。それだけ、見違えるような変化があるということです。

 

鏡に写った自分の目つきを見れば、はっきりと違うのが分かります。見ていて不快な感じを受けないというか、安心して見ていられる目つきになるといったところです。

 

よく見てみるとわかるんですが、眼球がまるで水晶玉みたいにキラキラと輝くようになりますね。

 

恥ずかしい話、私は鏡に映る自分の眼球の輝きに、思わず見とれてしまうこともあるほどです(笑)

 

また、人によっては、まるで整形でも受けたかのような、くっきり二重まぶたに変化します。

 

私もバッチリ変わりました。以前は奥二重で、しかもわりと重い目つきだったんですが、見事にぱっちり二重になりましたね。

 

この変化で、さらに目元が明るい印象になるので、以前よりも自分の外見にずいぶん自信が持てるようになるはずです。

 

そして、自分でいうのもなんですが、こんなにわかりやすい変化が人間関係で良い影響を及ぼさないわけがありません。

 

つまり、この変化は単に目元だけにとどまらないわけです。

 

極端に言ってしまえば、この目元の変化によって、自分の交友関係、つまり突き詰めれば自分の人生すらも変わる可能性があるというわけです。

 

また、この目元の変化は、結果的に周囲の人にも心地良さを届けられる、とっておきのメリットでもあります。

 

私はこの点が、「オナ禁が女の子にモテるようになるといわれている所以」ではないかと思っています。

 

言われてみれば、たしかに、じっと目を見つめながら話をしてくれる人(特に女性)が、以前よりも明らかに増えていますね。

 

ちなみにソロ活に勤しむ私は、残念ながらモテ効果までは未だに感じていません。(自分ではアプローチのチャンスを逃しまくっていると思い込んでいるのですが…)

 

 

2.雰囲気がやわらかくなった

これは目元の変化と似ているのですが、同じく鏡を見ても分かるようになってきます。

 

少し専門的な話になりますが、マスターベーションをすると、私たちの体内ではジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが分泌されます。

 

この影響によって、私たちはヒゲが濃くなったり、皮脂が増えます。その結果、全体的に「ベタっ・・」とした印象になってしまうんですね。

 

ですが反対に、オナ禁をつづけていると、今度はテストステロンという善玉ホルモンが分泌されます。

 

このホルモンは、例えば女性を惹き付けるフェロモンのような役割を果たしていて、また実際に私たちの顔つきや雰囲気すらもガラッと変えてしまう効果があります。

 

明らかに以前とは違う、男らしく凛とした、いわば「シュッ」とした印象に変化するわけです。

 

鏡越しに見ても、自分自身で変化を感じられるわけですから、リアルな自分と対面する周囲の人から見れば、その変化は一目瞭然です。

 

私も実際に周囲から、

 

「なんか、変わったね。」

 

「最近イケメンになってきたんじゃない?」

 

などと言われたことがありますね。

 

私が思うに、その人の「雰囲気」は、その人が持っている能力以前の、人としてある意味「最も重要な要素」です。

 

少しイメージしてもらいたいんですが、どんなに整った顔立ちをしていても、「雰囲気が残念・・・」という人が周りにいるはずです。

 

逆に、「顔立ちはイマイチだけど、この人と一緒にいるとなぜか心地いい」という人もいるはず。この人はずばり、「いい雰囲気」を持っているわけですね。

 

つまり、言い換えれば、私たちは「雰囲気」を良くすることで、自分の魅力を大きく高めることができるわけです。

 

しかも、方法は簡単。ただ、マスターベーションをやめる、これだけですから(笑)

 

「スタイリッシュ」

 

「シュッとしてる」

 

普段から、こんなふうに人から褒めてもらえるようになると、さらにオナ禁のモチベーションが上がります

 

つまりこの変化は、私たちに「オナ禁の好循環のスパイラル」までもたらしてくれる大きなメリットだといえます。

 

 

3.身だしなみに、より気を使えるようになった/清潔感アップ

オナ禁をつづけていると、周囲に対してだけでなく、自分自身にも注意が向けられるようになります。いわば、「自分を客観視する力が身につく」わけです。

 

さらに言い換えれば、「周囲からどのように見られるのか」をイメージする力がつくということです。

 

すると、自分の身だしなみの改善点が浮かび上がってきます。なぜなら、自分を客観視するということは、自分自身を周囲の人間のうちの一人として見るということだから。

 

また、そのうちにだんだんと、身だしなみを整えたり、身の回りを清潔に保つクセがついていくはずです。

 

こうして、自分の新たな「基準」が出来上がってくるわけですね。

 

ちなみに、この「基準」をしっかりと守り続けている人は、信頼されます。見る人は、見ているものです。

 

「いつも、しっかりしている人」という印象を持ってもらえるわけです。いうまでもなく、この積み重ねが、周りからの厚い信頼につながっていくんですね。

 

ちなみに私も、この変化を強く感じているところです。そして、しっかりと身だしなみを整えると、一日がより有意義なものになると実感しています。

 

おそらくこれは、身だしなみを整えることで、少なからず自分に自信を持てるようになるからだと思います。

 

このおかげか、自然と、外出する機会も増え、インドア派だった私も、心身ともにより健康に暮らせるようになりましたね。

 

 

4.体力がついた/疲れにくくなった

この変化についてもやはり同様で、自分ではあまり意識することはありませんでした。

 

ですが、たとえば人と一緒に力仕事をしていると、

 

「がんばるねえ」

 

「動きが軽いなあ」

 

こんなふうに言われるわけです。そこでようやく、自分に体力がついてきていることを実感するというわけです。

 

「そういえば、最近体が軽いし、仕事から帰ってきても、あんまり疲れてないよなあ」

 

ふと、こんなふうに思うようにもなりましたね。

 

ちなみに、現在私は1日2食で昼食は食べないのですが、それでも夕方まで溌剌と仕事ができる持久力が身につき、驚いています。

 

とくに、長期オナ禁を始めてからの変化が顕著でしたね。以前のめっぽう疲れやすかった私と今の私は、はたして同一人物なんだろうかと疑いたくなるほどです(笑)

 

 

5.運動・トレーニングが欠かせなくなった

オナ禁によって、射精に使うエネルギーがそのまま有り余ることもあり、自然と体を動かしたくなってきます。

 

無視できない強い衝動が、体の内側からフツフツと湧き上がってくるんですね。

 

ちなみに、このメカニズムについては、オナ禁界隈では常識的な話で、「溜まった性エネルギーを運動エネルギーに変換」しているようです。

 

また、このような理由から、オナ禁とトレーニングはセットであるとも考えられているようです。

 

いうまでもなく、運動の習慣は、心身の健康維持のために欠かせないものだといえます。

 

しかし、それだけではなく、トレーニングを継続することで外見にも変化を与えることができます。

 

要するに、自分のボディーに自信を持てるようになるわけですね。

 

実は、この変化は、私たちの人生にかなりの好影響を与えることがわかっています。

 

ただ、この話の続きを深堀りしていくと少し長くなってしまうと思うので、ここでは割愛させてもらうことにします。

 

あえて、一言だけ言っておくとすれば、

 

「自分の唯一の持ち物である体が目に見えて変化することは、自分自身への確固たる自信につながっていく」

 

ということです。

 

このあたりについて詳しく知りたい人は、「筋トレ 人生変わる」でググってみてください。モチベーションが爆上がりする記事が山ほど出てきます。

 

かくいう私は、少し特殊かもしれませんが、長期オナ禁を始めて2ヶ月くらい経った頃から、少しづつ運動し始めるようになりました。

 

それからまもなく、本格的にジョギングと機器を使ったトレーニングをスタートさせましたね。

 

それが今では、私にとって「欠かせない」日課になってしまっています。あまりの教科書どおりの変化に、少し恥ずかしいほどです(笑)

 

ちなみに、この話で私が注目している点は、「長期オナ禁によって、はじめてトレーニングの習慣化まで辿り着いた」ということです。

 

というのも、以前の短期オナ禁時代には、これほどの「体を動かしたい欲求」を実感したことがなかったからですね。

 

とはいえ、私の場合は、自身の「菜食」が性エネルギーの生産に多少なりとも影響している可能性があるとも思います。

 

なので、一般的な食生活であれば、私よりも性エネルギーが早く溜まるかと思うので、もしかすると、短期オナ禁でも十分効果があるのかもしれませんね。

 

 

6.目覚めが良くなった/睡眠の質の向上

以前とは比べ物にならないほど、目覚めが格段に良くなりました。

 

一説によると、射精によって私たちの「睡眠を司る脳内ホルモン」が一時的にバランスを崩すことで、朝起きられなくなるようです。

 

朝から気持ちよく目覚めれば、その日一日を気分良く過ごすことができます。さらに、いつもならまだ寝ている時間を有効活用することもできますね。

 

朝活を習慣にしたい人にも、オナ禁はうってつけの方法です。

 

それから、オナ禁を続けていると、多少睡眠時間が短くなった日でも、わりと平気な体質に変化するようです。

 

それどころか、極端な話、長い時間寝ていられないようにもなります。

 

「目が覚めたから、起きて自分の時間にあてよう」という建設的な思考も、生まれてくるようになるわけです。

 

もちろんそれで、日中に眠くなるということもありません。つまり、質の高い睡眠を確保できているというわけですね。

 

いうまでもなく、「睡眠」は、健康維持において最も大切な要素のひとつです。

 

つまり、オナ禁で睡眠を改善することで、健康的に生きられるようになるばかりでなく、時間も増えるというわけ。こんなおいしい話は滅多にありませんね(笑)

 

ちなみに、以前の私は、朝起きるのがすこぶる苦手でした。二度寝、三度寝は当たり前で、毎朝、「目覚ましのアラーム音を聞く」ことだけですら、ストレスを感じていたほどでした。

 

それが今では逆に、アラームが鳴る前に目が覚めてしまうまでになっています。

 

ちなみに余談ですが、「まだ仕事を達成していないアラームを鳴るまえに解除」することに、妙な達成感を感じています(笑)

 

朝の目覚めが良いというのは、本当に気持ちのいいものです。

 

このおかげで、毎朝、心と時間に余裕を持って、しっかりとした朝食を自分で用意する習慣まで身につけることができました。

 

 

結論:コストはゼロ、試す価値は無限大、自分に合わなければやめればいいだけ

正直、今回のオナ禁関連の記事、当初の予定よりめちゃくちゃ長くなってしまいました。

 

書いている途中で、言いたいことが溢れ出してきてしまったからです(笑)

 

ですがこれで、私のオナ禁に対する信頼感をビシビシと感じてもらえたのではないかと思います。

 

今回、この記事で取り上げたメリットは全部で15個。つまり、オナ禁にはたくさんのメリットがあるということです。

 

それなのに、やり方は非常に簡単。ただ「マスターベーションをやめるだけ」です。

 

こんな簡単なライフハックは他に見当たりません。もし今まで試したことがないという人には、是非おすすめしたいです。

 

コストゼロ、試す価値は無限大、やってみて合わなければやめればいいだけですからね。

 

オナ禁。これは、マスターベーションをやめることで、「自分のもともと持っている潜在能力を限界まで引き出す」ことができる、すばらしい手段のひとつです。

 

これを言い換えると、マスターベーション中毒者にとってのオナ禁は、「ほぼ全てのスペックをグレードアップする画期的な手段」となるわけです。

 

もう一度言いますが、こんなライフハックは他に見当たりません。

 

とはいえ、オナ禁はあくまでゴールではなく「手段」だということも覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

なぜなら、オナ禁の一番の目的は、「自分の好きなことに全力でコミットできる力」を身につけることだと思うからです。

 

自分の好きなことがわからなくても、オナ禁によって、様々なことにチャレンジできる意欲も湧いてきます。

 

そうしてチャレンジを続けていけば、きっと、なにかに「惚れる」タイミングがやってくるはずです。

 

私の場合は、長期オナ禁を始めて、ジョギングや執筆といったことに「自然と」興味が湧きました。

 

今ではこうしてブログを執筆したり、月150kmのランが習慣になったりと、あきらかなライフスタイルの変化を強く感じているところです。

 

といっても、私もまだまだオナ禁中級者(?)です。この先に、またさらなる学びがあるとも考えています。

 

今後も、このブログで定期的に現状報告できればと考えているところです。

 

ぜひ、楽しみにしていてください。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

-未分類

© 2021 けんこう上昇マンのスペシャルブログ Powered by AFFINGER5